探せばこんなにある!!看護師の働き方

看護師

こんにちは、現役看護師のさやかです^^

看護師の働き方ってどんなものがあるか、気になったことはありませんか?

看護師として専門看護師や認定看護師、最近では診療看護師を目指す人も多いのではないでしょうか?もしくは保健師・助産師としての道を進む方もいらっしゃると思います。私の知り合いでも、いつの間にか資格を取得して、診療看護師としてバリバリ現場で働いています。とてもかっこいいです!!

今回は、看護師としてステップアップしていく働き方ではなく、看護師の雇用形態についてシェアしていきたいと思います。

正社員・契約社員

正社員とは、就業期間に定めのない無期雇用の働き方です。自ら辞めると言わない限り、基本的には定年までその勤務先に働き続けることができます。

契約社員は、就業期間が決められている有期雇用の働き方です。契約期間は法律による規定はなく、勤務先がそれぞれ独自に決めることができます。半年または1年というケースが多く、その都度、契約更新が勤務先から申し渡されます。

パート・アルバイト

パート・アルバイトは勤務先と直接雇用契約をします。

パート・アルバイトとして勤務する場合、勤務先である病院や医療施設と直接雇用契約を結び、その勤務先の職員として働きます。そのため給与は、雇用元である病院や施設から支給されます。社会保険の加入や、福利厚生・労働条件の指示なども勤務先が行ないます。

派遣社員

派遣社員は派遣会社と雇用契約をします。

派遣社員として働く場合は、勤務先は同じ病院や医療施設でも、看護師は派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から勤務先へ派遣されます。そのため給与や社会保険の加入、就業条件の明示、有給休暇の付与などは雇用元である派遣会社が行ないます。ただし、業務の具体的な仕事の指示は派遣先となる病院や医療施設が出します。

つまり働く看護師にとって、どこと雇用契約を結ぶかによって雇用形態が変わってくるというだけで、パートやアルバイトであっても、派遣社員であっても実際の業務内容や働き方に大きな差はありません。

短期派遣(2〜3ヶ月 更新なし)

短期派遣とは、単発派遣よりは長く、長期派遣より短い派遣期間のものをさします。約2〜3ヶ月程度の期間をさすものが多いようです。ただし、派遣期間が2〜3ヶ月であっても、更新(同じ派遣先で派遣期間の延長)が前提とされているものは、長期派遣として分類されます。したがって、更新なしの2〜3ヶ月の求人となります。

短期派遣のメリット

  • 短い期間で効率よく収入を得ることができる(アルバイトやパートに比べて時給が高く、月収では直接雇用を上回ることもある)
  • 時間的に融通が聞くため、プライベートの時間を確保しやすい
  • 条件を満たせば、雇用保険にも加入することができる
  • 1つの職場で働く期間が2〜3ヶ月と短いため、人間関係に縛られない・いろいろな職場を経験することができる
  • 派遣の仕事は直接雇用で転職を繰り返すのと違うため、マイナスの印象が少ない

短期派遣のデメリット

  • 年収が不安定(ボーナスや手当がないことが多い)
  • 社会保険や有給休暇が付かないことがある

短期派遣は期間が決まっているので、看護師の悩みでも多い人間関係の悩みから解放されたり、もし仮に勤務先が合わない場合でも期間が決まっていれば頑張って働くこともできます。3ヶ月働いて、少し休んで、また自分のペースで働き始めることができるのも、短期派遣の魅力だと思います!!

長期派遣(3ヶ月以上 更新あり)

長期派遣とは、数ヶ月〜数年間の期間、同じ派遣先に勤務するものをさします。一般的には最初の1ヶ月の試用期間後、3ヶ月または半年おきに契約更新を繰り返し、数ヶ月から最長で3年後まで同じ派遣先で働き続けることができます。

長期派遣のメリット

  • 単発・短期派遣と比べると派遣先の変更が長期間ないため、ある程度の安定した収入を得ることができる
  • 社会保険に加入できる
  • 責任のある仕事を任せてもらえることがある
  • 直接雇用とは違うため、派遣先が合わなければ変更することができる

長期派遣のデメリット

  • 短期・単発派遣と比較した際のデメリットは特にありませんが、必ずしも更新がされるとは限らない

派遣の場合、職場を変えることは転職や退職ではなく、契約満了という扱いになるため、経歴で不利になることがありません。直接雇用に近い安定感がありながら、嫌な職場に我慢したりしなくてもいいのが長期派遣の魅力だと思います!!

紹介予定派遣(1日〜最大6ヶ月)

紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として勤務し、その後双方の合意のもとで正社員として直接雇用されることが前提となるものをさします。(病院によっては正社員ではなく、契約社員やアルバイト・パートへの登用となる場合もあります)派遣として働く期間は最大6ヶ月と決められており、派遣期間満了の1ヶ月前になると、直接雇用に向けた話し合いの場が持たれます。

紹介予定派遣のメリット

  • 派遣でまず働いてみてから、転職するかどうか決めることができる
  • 実務を通じてアピールすることができ、正社員に登用されやすくなる

紹介予定派遣のデメリット

  • 派遣先の意向で直接雇用されない場合がある
  • 有給休暇が正社員登用後6ヶ月まで付かない

実際に働くことで、職場の雰囲気や働きやすさ、人間関係などがわかります。特にこれまで就業したことのない環境に、転職を考えた際の最初の1歩としておすすめです。また紹介予定派遣では看護師と派遣先の双方の合意がないと直接雇用に切り替えることができません。派遣先が無理やり直接雇用に切り替えようとしても、看護師が合意しない限り通常の派遣同様、期間満了となります!!

産育休代替派遣

産育休代替派遣とは、派遣先の看護師が産前産後休業や育児休暇に入る期間だけ、その看護師の代替として勤務する働き方です。働く期間は一般的には産休・育休から復職するまでの1〜2年程度の期間になります。

産育休代替派遣のメリット

  • 期間限定で、普段派遣で勤務できない病院やクリニックなどで働くことができる
  • 正社員勤務の看護師と同様に勤務することで、経験を積むことができる
  • 医療施設にとっては派遣期間終了後に、気に入ればそのまま就職という場合もある

産育休代替派遣のデメリット

  • 即戦力が求められる
  • 派遣期間が延長される場合がある

普段、派遣では勤務できない大学病院などの求人もあります。また期間限定で勤務できることで、看護師としてのスキルアップにつながるチャンスかもしれません!!

単発派遣(1日〜1週間)

単発派遣とは、派遣のうちで最も期間の短いものをさします。

単発派遣のメリット

  • 単発バイトよりも高時給
  • ダブルワーク向き
  • 派遣会社によってはすぐに給与が支払われることがある
  • 単発派遣で働く条件がある

単発派遣のデメリット

  • 本業にした場合収入が不安定
  • 毎回異なる派遣先に行かなければならない
  • 社会保険に加入しづらい(2ヶ月以上・週所定労働時間の20時間以上の雇用契約が必要)

単発派遣で働く条件

  • 本業の年収が500万円以上
  • 世帯収入が年収500万円以上
  • 60歳以上
  • 雇用保険適用外の学生である

上記のいずれかに当てはまると、単発派遣で働くことができます。一般的に単発派遣として禁止されているのは『日雇い派遣』であり、複数の単発派遣を組み合わせて週20時間以上の労働が見込まれる場合は違法にはなりません。また、ある程度の収入がある場合は、週20時間以下の労働であっても『副業』として認められる場合もあるようです!!

応援看護師(契約社員もあり)

応援看護師とは、3〜6ヶ月単位の期間限定で、看護師が不足している医療機関で勤務する看護師のことです。応援先は北海道や沖縄、東京や大阪などの都市部から、リゾート地などの自分の働きたい場所を選ぶことができます。

応援看護師のメリット

  • 給与が通常よりも高額である
  • 応援期間終了後、その勤務先が気に入れば「期間の延長」「その勤務先で正社員になる」こともでき、別の派遣先でも働いてみたいという場合は「契約満了」となる
  • 派遣先を変えることでリフレッシュできたり、さまざまな知識・技術を習得することができる
  • 派遣先が決まると、引っ越し代の支給や家電付きの宿舎が準備されていることがある

応援看護師のデメリット

  • 人手が足りていない派遣先の勤務のため、忙しい勤務の中でも即戦力が求められる
  • 賞与や退職金はない分、年収ベースで正社員より収入が少ないことがある
  • エリアによっては不便な場所の派遣先もある

派遣先によってはスキューバダイビングを楽しんだり、観光やグルメを楽しむことができますね。住んでみたい所に、一時的に住むことができるのも魅力の一つですよね。応援看護師として働いている看護師で多いのが、短期間で働いて貯金し、留学している方が多いですね!!

まとめ

いかがでしたか?

看護師の働き方はたくさんあります。正社員はありがたいことに勤務先が無くならない限り、仕事に困ることはなく、毎月決まった給与を得ることができるかもしれません。安定を1番に求めるなら正社員という働き方が優先順位が高くなりますね。

それと違って派遣社員として働くということは、正社員と比べるとどうしても不安定になってしまいます。でも個人的に、派遣社員として働くのはとても魅力的だと思います。色々なことが経験できる、自分で好きな働き方を選択することができるからです😊自己管理能力も付きます!

ただ派遣看護師として働くには、最低限の経験を求められます。最初は正社員としてしっかりと知識・技術を身に付けてからでも遅くないと思います。

このブログを読んで『こんな働き方もあるんだ!!』と知っていただき、少しでも参考になれば嬉しいです^^自分にあった看護師としての働き方はきっとあると思います。焦ることなく、自分のペースで進んでみてくださいね😉

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♡